無頼理のひと言 (2021-04)

 日本の新型コロナ感染者4/9現在で累計501,061人となり50万人を超えました。
2月に40万人になってから、2ヶ月で10万人が増加し、
9日は全国で3日連続3,000人を超える感染者が確認されました。特に感染力の強い変異株が広がり第4波の流行が本格化しています。
 政府は新規感染者の増加と医療提供体制の病床等の逼迫に対応する為
「まん延防止等重点措置」「基本的対処方針の改定」の適用を追加して「緊急事態宣言」に至らないよう対策を打っています。
東京オリンピック・パラリンピックの開催が、国際世論の反対により“中止”に追い込まれる最悪の事態は、政府も、我々国民も避けたいと、誰もが願っている事です。中部安全サービス保障(株)の社員として、良質な業務の遂行をする為に、今はコロナに感染しない事です。
 変異株の新規感染者が再び増加し拡大をする危機的状況の中にあるのに、
危機感が薄れているのは、多くの人達が「コロナ慣れ」をして自分はコロナに感染しないと思っている事が、一因して感染も増加しているのではないでしょうか?感染を予防するには、コロナ対策の基本を忠実に実行するのみです。
 対策の基本 .泪好をする ⊆蠕いを念入りにする うがいをする ぁ‐弾任鬚垢訶を確実にする事が、“自分を守る” “家族を守る” “会社を守る” “お客様を守る”全てに繋がり,幸福な社会生活を営むことが出来るのです。

 困った時には神頼みも必要ですが、問題解決の為 基本対策を怠らないことです。

顧問   野村頼理