会長のひと言 (2020-01)

あけましておめでとうございます。

中部安全サービス保障株式会社の皆様、ご家族の皆様方には健やかに新年を迎えられたことと、心よりお慶び申し上げます。
今年一年が皆様方と会社にとりまして素晴らしい年になりますようにお祈り申し上げると共に、私自身、夢と希望の持てる会社作りに、努めてまいる所存です。

マスコミが発表する日本及び世界の10大ニュースを見ますと、世の中の変貌が大変良く分かります。
日本に於いては、天皇陛下の即位、相次ぐ台風被害、京都アニメーション放火事件で36人死亡、ラグビーW杯で日本8強入り、桜を見る会による政治不信等々、また世界に於いては、香港での大規模デモ、アフガニスタンにおいて人道支援中だった中村医師の殺害等がありました。

中でも、私は昨年5月1日の天皇陛下の即位に伴う新元号の令和がスタートした時の、天皇陛下のお言葉が心に残りました。
「常に国民を思い国民に寄り添いながら憲法に則り日本国及び日本の統合の象徴としての責務を果たすことを誓います。」と言うお言葉です。
それを私達が大切にしている家族や同僚や会社等に置き換えると「常に家族を思い家族に寄り添いながら法律や規則を守り家族及び会社の統合としての責務を果たすことを誓います。」と解読することが出来ます。
改めて天皇陛下のお言葉を重宝として受け取り、私を初め、社員一丸となって、最先端の技術やサービスを取り入れて、自発的に夢と希望に満ちた社会作りに貢献出来る人材の育成が、継続していく「人材イノベーション会社」を目指して参ります。

今年は子年です。
ネズミ年は繁栄の年と言われます。
その由縁は2匹のネズミが1ヵ月後には12匹の子供を産むそうですが、1年間では何と27,682,574,402匹となり「無限連鎖講の別名ネズミ算式に増える」と言われ子孫繁栄に繋がる縁起の良い年であることからです。
私達が好・不況のない安定した会社、社員が幸せを感じられる会社、お客様に満足して頂ける会社、全ての人が幸福で笑顔で輝ける会社を目指し社員一丸となってお客様の為に尽くす事で、幸福が倍になって自分、子供、孫に返って参ります。

皆様のお力添え、ご協力をお願い申し上げます。

代表取締役   野村頼理